スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廊下に本棚を作る

このブログは、僕の奥さんのリフォーム挑戦を応援するための記録と報告です。作業のほとんどを彼女が一人でこなしています。


こんにちは。優樹(masaki)です。

今回は、本棚を廊下に作ってくれたので報告します。

家内がいろいろな作業をしているのを見ていた子供達も、お手伝いしたいと言ってくれたので、近くのホームセンターへ材料を買いに行くのに付き合ってもらいました。

ちなみに、今回の材料調達は僕が担当。

設計図とパーツの必要数を書いた紙を持って、ホームセンターへ。

今回は1800mm以上の長さが必要なので、2400mmの1×6材を買い、カットサービスを利用して、必要なサイズに切ってもらいました。

そして、台車に乗せてお会計。お店の人にお願いして、家まで台車を借りて運ぶことにしました。

木材がズレないように、台車を横から子供達に支えてもらって家まで運びました。

実は、お店まで100mぐらいなのでした。ホームセンターが近いのはほんとに便利。

家につくと、材料の搬入です。子供たちも手伝ってくれて、エレベータを使わずに数往復。二階まで持って上がりました。

みんなありがとう。

新聞紙を広げて、まずは塗装です。

腰壁と同じ塗料で、それぞれの部品を全部塗装して、乾かした後、組み立て作業開始です。

その後、下穴をあけた後、木ネジで組み立て。

組み立て終わると、かなりの大きさであるため、気を付けたものの、やはり天井にぶつけてしまいました。
想定した位置に配置したあと、地震などによる倒壊を防ぐため、壁にネジ止めして完成です。

本棚 本棚

玄関脇にはハリがあるので、右と左の高さが違うのですが、ぴったりに作られています。すごいな。

早速、多すぎて置場に困っていたマンガを収納してみます。

このときもみんな手伝ってくれました。

子供達のマンガだけでなく、僕のマンガも。

本棚 本棚(収納後)

床から天井まである本棚。それもハリも考慮したオリジナル。

色も、腰壁と一緒なので、なじんでいます。

う~ん。いい感じ。


○●○ 今日の一言 ○●○

『ちょうどいい家具が無ければ作ってしまおう!』

置き場所の形やスペースの関係で、既製品では探すのが難しい家具も、作ってしまえばこの通り!

サイズ、収納量、置き場所を考慮した形、色合いなど、すべてが思い通りで、ピッタリです。

今、我が家では、「こんな家具が欲しい」「じゃあ、つくろうか!」

ということが当たり前になりつつあります。楽しいですよ。


●○● お願い ●○●

 みなさんの感想や、コメントをお寄せ下さい。私たちの励みになります!継続のエネルギーになります!是非、よろしくおねがいします!
スポンサーサイト

テーマ : リフォーム - ジャンル : 趣味・実用

Comment

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。