スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ままごとキッチンを作る2

~ このブログは、僕の奥さんのリフォーム挑戦を応援するための記録と報告です。作業のほとんどを彼女が一人でこなしています。 ~


こんにちは。優樹(masaki)です。

子供達からリクエストされていた、ままごとキッチンが、ついに完成しました!

下駄箱を作った時に材料が余ったので、作ることにしたのですが、想像以上に喜んでくれています。

前回の報告以降、角の面取りと、やすりがけ、塗装をしました。


特に、塗装は、子供達全員参加になり、大変なことになっていました。

ままごとキッチン(塗装)


自分達が使うということもあり、楽しそうに塗っていました。

ままごとキッチン(塗装) ままごとキッチン(塗装)


着ていた服は、残念なことになってしまいましたけど・・・。

ままごとキッチン(塗装)


コンロの火力調整スイッチは、別の色でスプレーしました。

ままごとキッチン(スイッチ)


良く乾燥させてから室内に運んで、シンク代わりのホーローのボウルをいれて完成です!

ままごとキッチン


完成はこんな感じになりました。

ままごとキッチン


後ろ側(背板)は、腰壁の余った材料で作っています。

ままごとキッチン


収納は、エコクラフトで作ったバスケットと、樹脂バスケットを使用。

ままごとキッチン


早速、いろんなままごと道具を持って来て配置しながら遊んでいました!

ままごとキッチン


レンジグリルで調理!

ままごとキッチン ままごとキッチン


みんな楽しそう!

妻:「作って良かったね!」
僕:「そうだね。ご苦労さまでした。」

ひとしきり感慨にふけっていると、

「あ!蛇口忘れてた。」
「うーん、それはまた今度!」

また先延ばししないようにしないとね!


○●○ 今日の一言 ○●○

『未完成な部分は、早めに作ろう!』

大部分が完成していると、少しの未完成部分を妥協してしまいがちです。

ホッとしてしまう前に、完成させてしまいましょう!

みなさんは、途中でホッとして、未完了になっていることはありませんか?
スポンサーサイト

テーマ : ハンドメイドの作品たち - ジャンル : 趣味・実用

ままごとキッチンを作る1

~ このブログは、僕の奥さんのリフォーム挑戦を応援するための記録と報告です。作業のほとんどを彼女が一人でこなしています。 ~


こんにちは。優樹(masaki)です。

子供達からリクエストされていた、ままごとキッチンを作りはじめました。

以前からリクエストされたまま、作れずにいたのですが、下駄箱の材料が余ったのを期に、作ることにしました。

材料の量に制限があるので、そんなに大きなものは作れませんでしたが、いろんな工夫のある楽しいままごとキッチンになっています。

シンクは、ドリルで小さな穴を開け、そこからジグソーを使ってくりぬきました。ここに雑貨屋さんで買ったホーローのボウルをはめこむ予定です。

ままごとキッチン ままごとキッチン


それから、レンジの部分は、手前に引いて開けることにして、丁番とマグネットを使ってきちんと閉まるようにしています。

ままごとキッチン ままごとキッチン


背板は、腰壁の余りの羽目板を使い、部屋の雰囲気にもピッタリ!

全体はこんな雰囲気。

ままごとキッチン


まだ、作り途中ですが、早速楽しそうに遊んでくれています。

ままごとキッチン


このあとは、角の面取りと、やすりがけ、塗装と続きます。

出来上がりが近づき、嬉しいです!


○●○ 今日の一言 ○●○

『子供の成長は早い!作るならタイムリーに!』

いつか作ってあげようと思っていると、子供はあっという間に大きくなってタイミングを逃してしまいます。

みなさんは、お子さんのことで先延ばしにしていることはありませんか?

テーマ : ハンドメイドの作品たち - ジャンル : 趣味・実用

玄関にぴったりの下駄箱を作る

~ このブログは、僕の奥さんのリフォーム挑戦を応援するための記録と報告です。作業のほとんどを彼女が一人でこなしています。 ~


こんにちは。優樹(masaki)です。

今回は、玄関に下駄箱が完成したので報告します!

今までは、収納できる靴の数が少なく、5人家族には大変でした。

下駄箱(リフォーム前) 下駄箱(リフォーム前)

ずっと何とかしたいと思っていたので、これを機会に収納力のある下駄箱を作ることにしました。

まずは、材料調達。
高さが2000mmぐらい必要なので、通常の1800mmの合板では継ぎ足しが必要になります。

そこで、今回は、ちょっと高価になりますが、2400mm×1200mmの合板を2枚購入し、カットすることで、縦方向に継ぎ足しの無い一体型の下駄箱にすることにしました。

カット作業は、近くの工場で木材加工の機械を借りることができたので、持ち込んで作業させていただきました。

家内が作成した、設計図とパーツの必要数を書いた紙を頼りにカット作業を実施。

組立作業は、後日、家内が実施しました。

カットした合板をコーススレッドで固定し、棚受けは打ち付け式のくぎダボにしました。

下駄箱(リフォーム中)

まだ、扉ができていない段階ですが、靴を出しっぱなしにしておけないので、収納してみると、これはすごい!圧倒的な収納力です。

それと、背板は取り付けていないので、裏面は直に漆喰を塗った壁です。

これは、漆喰の吸湿力、消臭力を期待したものです。
湿気がたまらず、臭いがこもらないことを狙っています。


引き続き、扉を加工したのですが、腰壁と同じ羽目板をつないで加工しています。玄関の腰壁と同素材なので、雰囲気に一体感がありとても落ち着いています。

下駄箱(リフォーム後) 下駄箱(リフォーム後)


取っ手は、市販の鉄製です。
きちんと閉まるように、扉の裏側と本体にはマグネットがついていて、「カチッ」とくっついて閉まります。

下駄箱(リフォーム後)


この下駄箱は玄関にあるので、玄関で使うのに便利な収納を、下駄箱の側面に取り付けています。ここには、子供たちの名札や自転車の鍵、靴べらなどを下げています。

下駄箱(リフォーム後/横)

(下駄箱があるのは玄関で、マンガを収納した本棚の真横にあたります。)


今回作成したのは、本棚同様、床から天井まである下駄箱。大収納で機能的なオリジナルです。

なんといってもあふれていた靴が全部収納できているのはとても気持ちのいいものです!

玄関がスッキリしていると、出かける時も帰ってくる時もすがすがしいですね!


○●○ 今日の一言 ○●○

『材料を統一できるのもオリジナル家具のいいところ!』

今回、腰壁と同じ材料で扉をつくりました。腰壁と一緒の色合い、材料なので、玄関に一体感があります。
これも、既製品に期待するのは難しいことですが、作ってしまえば大丈夫!

うまくいかないところもありますが、それはそれ。味だと思って楽しみましょう!(今のところ扉がちょっと開きにくい。)


●○● お願い ●○●

 みなさんの感想や、コメントをお寄せ下さい。私たちの励みになります!継続のエネルギーになります!是非、よろしくおねがいします!

テーマ : リフォーム - ジャンル : 趣味・実用

廊下に本棚を作る

このブログは、僕の奥さんのリフォーム挑戦を応援するための記録と報告です。作業のほとんどを彼女が一人でこなしています。


こんにちは。優樹(masaki)です。

今回は、本棚を廊下に作ってくれたので報告します。

家内がいろいろな作業をしているのを見ていた子供達も、お手伝いしたいと言ってくれたので、近くのホームセンターへ材料を買いに行くのに付き合ってもらいました。

ちなみに、今回の材料調達は僕が担当。

設計図とパーツの必要数を書いた紙を持って、ホームセンターへ。

今回は1800mm以上の長さが必要なので、2400mmの1×6材を買い、カットサービスを利用して、必要なサイズに切ってもらいました。

そして、台車に乗せてお会計。お店の人にお願いして、家まで台車を借りて運ぶことにしました。

木材がズレないように、台車を横から子供達に支えてもらって家まで運びました。

実は、お店まで100mぐらいなのでした。ホームセンターが近いのはほんとに便利。

家につくと、材料の搬入です。子供たちも手伝ってくれて、エレベータを使わずに数往復。二階まで持って上がりました。

みんなありがとう。

新聞紙を広げて、まずは塗装です。

腰壁と同じ塗料で、それぞれの部品を全部塗装して、乾かした後、組み立て作業開始です。

その後、下穴をあけた後、木ネジで組み立て。

組み立て終わると、かなりの大きさであるため、気を付けたものの、やはり天井にぶつけてしまいました。
想定した位置に配置したあと、地震などによる倒壊を防ぐため、壁にネジ止めして完成です。

本棚 本棚

玄関脇にはハリがあるので、右と左の高さが違うのですが、ぴったりに作られています。すごいな。

早速、多すぎて置場に困っていたマンガを収納してみます。

このときもみんな手伝ってくれました。

子供達のマンガだけでなく、僕のマンガも。

本棚 本棚(収納後)

床から天井まである本棚。それもハリも考慮したオリジナル。

色も、腰壁と一緒なので、なじんでいます。

う~ん。いい感じ。


○●○ 今日の一言 ○●○

『ちょうどいい家具が無ければ作ってしまおう!』

置き場所の形やスペースの関係で、既製品では探すのが難しい家具も、作ってしまえばこの通り!

サイズ、収納量、置き場所を考慮した形、色合いなど、すべてが思い通りで、ピッタリです。

今、我が家では、「こんな家具が欲しい」「じゃあ、つくろうか!」

ということが当たり前になりつつあります。楽しいですよ。


●○● お願い ●○●

 みなさんの感想や、コメントをお寄せ下さい。私たちの励みになります!継続のエネルギーになります!是非、よろしくおねがいします!

テーマ : リフォーム - ジャンル : 趣味・実用

廊下の壁に漆喰を塗る3

こんにちは。優樹(masaki)です。

このブログは、僕の奥さんのリフォーム挑戦を応援するための記録と報告です。作業のほとんどを彼女が一人でこなしています。

今回は、玄関周りの漆喰塗り作業です。

特に玄関周辺は、天井やハリが入り組んでいて、養生するのが大変。マスキングテープと新聞紙で養生。余分な所に漆喰が付着することを防ぎます。

漆喰を塗る(マスキング) 漆喰を塗る(マスキング)

前回同様、壁紙のはがれ防止と、壁紙と練り漆喰との密着性を上げるという両方の目的で、タッカーを打ち付けます。ここまでの作業を、昼間のうちにしておきました。ちょっと音がうるさいから。

今回の場所は、リビングの壁と違い、形が入りくんでいたり、幅が狭いなど、やりにくそう。

時間がかかりそうなこともあり、準備だけ昼間にして、漆喰塗りは子供達が寝てから、じっくりと作業することに。

そして、いよいよ作業開始。

ヘラで漆喰をすくい、手持ちの板へ。漆喰を落とすことなく、作業が始められました。うまいもんです。

しかし、狭くて複雑な場所への作業なので、少々苦戦。伸ばしながら、扇型に仕上げるのが難しい。

漆喰を塗る(玄関) 漆喰を塗る(玄関)


気づけば、同じところを繰り返し修正しています。なんとか許せる範囲になるまで根気良く取り組んでいます。

ようやく許せる範囲になったものの、かなりの時間が経過していて、予定の半分の作業で持ち越しに。

でも大丈夫!頑張った!

残りは一夜開けて、翌日に作業し、完成です。

腰壁の作業後(玄関)
(この作業直後の写真を撮り忘れたので、いつも玄関周りはこの写真ですね。)

なるほど良~く見れば、粗いところはあるものの、かなりいい感じ!前回のリビングよりも上手くなってます。

次回は、本棚作りについてレポートします!

○●○ 今日の一言 ○●○

『予定通りに進まなくても気にしない、勇気を持って明日に回そう!』

こだわりたくなれば時間がかかるのは当たり前です。DIYリフォームでは、楽しさが第一。時間がかかっても続けていればいつかは終わります。飽きずに興味を持ち続けられる範囲で進めています。

●○● お願い ●○●

 みなさんの感想、コメントをお寄せ下さい。私たちの励みになります!継続のエネルギーになります!是非、よろしくおねがいします!

テーマ : リフォーム - ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。